フロリダのディズニーワールド


2012年、ウォルト・ディズニー・カンパニーは「スターウォーズ」シリーズでお馴染みのルーカスフィルム社の買収を発表し、2005年以来の新作である「スターウォーズ エピソード7」の製作を発表しました。もともとアニメ映画の会社としては世界一で、近年は「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズなどを手がけて大ヒットさせていたディズニー。「アメリカ人にとっての民話」とも言われているスターウォーズシリーズの版権をも手にしたことで、名実ともにアメリカの映像文化を代表する企業となりました。

top

ディズニーの凄いところは、ただ映画やアニメをつくっているだけではなく、それらに関連したグッズをつくったり、放送局自体を開設して専門のチャンネルをつくったり、教育分野にも進出していたりするところです。世界的に知られているコンテンツやキャラクターを最大限に利用して、さまざまな分野にディズニーが首を突っ込んでいるのです。そして、そういったディズニーの思想や世界観が一気に凝縮されているのが、日本を含め世界各地にある「ディズニーランド」をはじめとしたテーマパークなのです。

それらのテーマパークの中でも、最も大きなものがフロリダの「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」です。ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートは、とにかくその規模が尋常ではありません。敷地面積は122,000,000m²。これはどのくらい広いのかというと、東京のディズニーランドとディズニーシーを合わせたもののさらに100倍です。この中に20を超えるリゾートホテルや6つのゴルフコースがあるなど、まさにひとつの「ワールド」を形成しています。

テーマパークの範囲を超えていて、アメリカそのものを背負うような象徴的な施設となっているこのディズニー・ワールドは、やはりディズニーというものの力の大きさを協力に示しています。ディズニーワールドに訪れた人は、まずその大きさに圧倒されるのはもちろんのこと、オーランドの空港から既にディズニー演出がなされているその徹底ぶりに驚くようです。とにかく、お客さんに対して非日常性を提供し、ディズニーの世界観に浸ってもらおうという姿勢がすごい。
ディズニーワールドの施設には以下のようなものがあります。まず、「エプコット」です。未来の人間の生活をSF風に体験できるというテーマパークで、見た目が銀色の球体です。また、「マジックキングダム」もあります。これは、わりと一般的なディズニーランドといった感じです。本当に広いですので、何日もかけてゆっくり回ってみましょう。

ホテル検索

台北の人気ホテル

喫煙者に朗報。台湾の喫煙所ありホテルも特集しているサイト

ソウルの人気ホテル

長期滞在にも弾丸旅行にも、ソウル旅行の強い味方です

バンコクの人気ホテル

刺激抜群のアジア旅行!タイのホテルをお探しの方におすすめのサイトです